忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/21 17:21 】 |
ザヒューマンの電話取材 おひとりさまという老後の生き方
「21世紀型のライフプランを考える ─「おひとり様」という生き方─」という特集が組まれています。題名から見るだけで、これからの高齢化社会について一瞬暗い影が頭をよぎってしまいそうですが、特集が組まれた理由としては、社会学者の上野千鶴子さん著「おひとりさまの老後」という本が今も販売部数も伸ばしているからなのだそうですよ。 上野千鶴子さんのタイトルのキーワードである「老後」と「おひとり様」という言葉を読み解き、21世紀の高齢社会に向けて考えようという特集だそうです。お年寄りが増えるということは、それだけ若い世代は自分が年をとったときに、どうなるのかと心配になっている方もいるようですね。老後というと、老いて枯れてしまったイメージがつきまといがちですが、逆に老後に何ができるのか、年を取ってから楽しめることを開発したりすることで、新たな分野の需要が伸びるかもしれませんよね。介護関連の仕事の需要が急激に伸びている今日、介護関連だけではなく、中高年の方や、退職者を対象としたイベントも必要とされているのではないでしょうか?また退職後の日々をただぼんやり過ごしたくない方には、積極的にボランティア活動をしてもらうなど、お年寄りが中心になってできることを提案していければ、超高齢化社会も元気に乗り越えていけるのではないでしょうか。

男性のサラリーマンの方に人気が高かったのは、国際通信社 コマンドマガジンで、休日や空いた時間の暇を潰しには最高の雑誌だということです。
話を聞いたところ、この度結婚する事になったのでネイル 大阪 口コミでいい場所を知らないか、というものでした。
友人は結婚して5年目で、彼女の結婚祝いには、みんなで相談して国際ジャーナル 雑誌に掲載されていたプレゼントをした思い出があります。
サイトに登録する事で利用出来るゴルフ場のラウンドレポートも見てゴルフ場のコースなどの研究をしているらしく、そのかいがあってか腕前のほどは、会社の中で行われるゴルフ コンペでも上位を狙えるそうです。
その為に貯金しようとしてるようで、現在加入している生命保険 西区を見直している最中だそうです。
そして国際通信社 月刊には様々な雑誌があり、その中でも友人が好きなのはコマンドマガジンなのだそうです。
報道通信社から出版されている報道ニッポン 企業家が紹介されています。明日の日本を支える中小企業経営者のための紹介が豊富です。
雑誌、国際ジャーナル 職人に訊くで紹介された取材記事を読んでビジネスの参考にしました。
友人は接待上手で、よく職場の上司や取引先の方達とゴルフ場に打ちに行くそうで、その為にゴルフが更に上手になれるようにと練習を重ねているそうです。
そういった部分も、取引先の方が信頼を置いている要因の一つなのかと感じました。
PR
【2011/09/30 16:58 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<評判の記事トップフォーラム 低温世代の「非東京」志向 | ホーム | 月刊誌 トップフォーラム 禁煙学会が、たばこ1000円を要望>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>