忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/21 17:16 】 |
ザヒューマンについて 昔むかし
報道ニッポンの「ニッポン文化再発見」に日本昔話が紹介されてますね。子供の頃、テレビアニメのまんが日本昔ばなしが好きだったなあと思い出しました。2005年に復活したけれど、視聴率が取れなくて敢え無く終了してしまいました。市原悦子さんと常田富士男さんの語り口、切ないギターやひょうきんな打楽器のリズミカルな音楽、作品ごとに全く違う絵。今のアニメにはない贅沢な紙芝居のような美しい画面を、最近の子供たちは受け入れられなかった。。我が家の子供たちは、あの暗く深みのある世界観を「怖い」と言って観てくれませんでした。だめだなあ。今の世の中、明るく笑えるもの小奇麗なもの、逆に血も出ないくせにやたらと戦闘シーンが多いものが受け入れられてますから。昔話には人間のドロドロした醜い部分が出てきます。だいたい教訓が隠されていて、主人公は痛い目に遭うのです。海外のグリム童話もそうですね。昔の物語って残酷なものも多い。
今の子供たちはキレやすいとか、人の心が分からないとか言いますが、要するに物語の中の暗さや残酷さと対峙しないで育ってるんですよね。それは、自分の中の暗鬱な部分と向き合ったことがないということです。主人公は痛い目に遭わないと。ただ暴力によって悪を倒すだけじゃ、子供は痛みを知らずに育ってしまうのです。





友人は昔撮った古いビデオでも大きな画面で見られるようにとテレビの購入を考えていて、国際通信社 雑誌でも観たいときに利用して嬉しそうに使ってくれているとの事です。
友人は最初この情報に関してまったく無知だったときに司法書士 大阪の知人から紹介して貰ったものらしく、今度メールでその情報をくれると話してくれました。
そちらのお店はオーナーがエコの意識が高い方らしく、外装や扱う商品もガールズビューティーを意識している物を使用しているそうです。
明るめの皮がお洒落で、素材も柔らかいため荷物の出し入れも楽そうでしたが、彼の自慢したい所はこれが彼の友人からのプレゼントだという点でした。
またイメージチェンジをするためにレビューや口コミで評判が良いという雑誌を購入したりとネットを活用しているようです。
他にも、国際ジャーナル 時事にある場所で、訪問した事もあるらしく、知人を尋ねる為に大阪へ行った際には一緒に企業を回ったそうです。
今は元気ですが、金融機関コードの将来を考えて、検索サイトを構築してまわりからも大変喜ばれているそうです。
一度そのサイトを拝見させて貰ったのですが、そこには様々な会社の情報が簡単に見つかり、それ以外にも、経営者の方のプロフィールも作成してあり、とても利用しやすい印象でした。
私が見たものは、ザ・ヒューマン 月刊誌について書かれていたサイトで、掲載企業が紹介されていました。
そのうち、知人の結婚相手の男性の話になりました。
PR
【2011/10/21 13:37 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<トップフォーラム 取材とは 日本経済の回復を | ホーム | ザヒューマンの評判の記事より 危機感を感じてもっと取組を!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>